news

成形機床デッキロール

October 18, 2018

1. 合成の建坪の補強は次の形態で使用することができます

合成の床平板の肯定的な曲げモーメント区域の圧力プレートが軸受け容量を曲げる条件を満たすとき、肯定的な曲げモーメント区域はreinforcement.combinationWhenと床版の肯定的な曲げモーメント区域の鋼板が軸受け容量を曲げる条件を満たさないまたは耐火性の限界の計算は肯定的な曲げモーメント区域で条件を満たしません補強された棒形成することができます圧力タイプ装備することができません。合成の床平板が大きい抗張圧力に耐えるとき、鋼鉄網シートは床のスラブ床の肋骨で補強された上で整理することができます。

 

2. 鋼鉄補強の保護層の厚さは5mmよりより少しではないです。

 

3. 合成の床平板のサポートおよび平板の表面の温度の完全な補強構成の構造スチール棒はコンクリート構造物GB50010の設計のための標準的なコードの関連した準備に合致します。

 

4. 合成の床平板は集中される比較的大きいのの負荷の部分の横断補強を(線形)与えられ、横断面区域は床平板の肋骨の上の具体的な横断面区域のより少しにより0.2%べきです。

延長幅は集中された(線形)負荷分散の有効な幅よりより少しではないです、補強の間隔は150mmより大きくないし、直径は6mmよりより少しではないです。

 

5. 鋼板の表面の刻み目なしでは滑らかな開いた床版を使用しないことが最善です。必要ならば、横断補強は縦の肋骨の方向に沿って整理され、圧力プレートの上部のフランジで溶接されるべきです。